Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

語学学校グレーゾーンを彷徨う元ルームメイトのSON

彼の名はSonと言います。僕とほぼ同時期にCal State Fullerton American Language Programに入学。以後、現在までの2年間半以上を語学学校にて過ごし、最近突然彼の母が中国から訪れ彼を連れて何処かへ引っ越して行ってしまいました。

Sonは大学入学希望でした。ずっと大学入学を目指していたんですが、入学時にインターナショナル生に課せられるToeflという試験を何十回と落ち続け、結局入学することが出来ませんでした。

実際、こういう例は意外と多いです。語学学校でToeflの点数を上げて、すぐに大学へ入学する予定のはずが、予定よりも点数が伸びずに何ヶ月・何年も入学出来ない。特に大学院を目指して語学学校入りする学生はibtで80点~100点前後を取る必要があり、入学までに時間がかかってしまう人が多いようです。

大学生活の下準備として語学学校を利用する方へ

上記の記事に詳しく書きましたが、僕は大学入学を目指す方にとって語学学校はスピーキングの練習以外に利用価値はあまり高くないと考えています。授業内容は日本で独学できることがほとんどですし、Toeflも日本国内で十分に点数を上げることが出来ます。

Sonは恐らく、大学入学準備としての語学学校費用として既に何百万円も支払っていることでしょう。どうやら両親が中国でかなり富豪な方らしいので彼にとっては問題ではないのかも知れませんが、大半の方にとって語学学校で数年間支払う費用というのは大金のはずです。

もう一つ彼の特徴として、何をしに留学しに来たのかが全く明確ではありませんでした。まさに何となくという感じで、大学へ入学したいとは思うものの、大学へ入学して何を学び、その先に何を見たいのかという意識は全く持っていないように思われました。

こうした事実を間近に見ると、やっぱり留学はある程度まで計画的に行った方がいいことが分かります。せめて、何故その大学に入りたいのか、その後にどんな事をしたいのか。その辺りの事をはっきり意識しながら取り組まないと、途中でモチベーションを保てずグレーゾーンに突入してしまうということも十分にあり得るのが留学だと思います。


  • 【rokA feed】 語学学校グレーゾーンを彷徨う元ルームメイトのSON: 彼の名はSonと言います。僕とほぼ同時期にCal State Fullerton American Language Programに入学。以後、… http://bit.ly/gMHmYT

    疾風

    January 4, 2011

  • ramiさんのご意見に同意します。

    留学および留学準備(語学学校など)には決して少なくないお金と時間がかかるので、留学によってその分、あるいはそれ以上のreturnを得られるかどうかを検討した方が良いと思います。たとえば、留学前、できれば留学準備開始前にきちんと留学の目的と計画を定める。数ヶ月間の語学学校留学(かつ費用は全て自腹)であれば、単なる憧れや観光が目的でもアリかとは思いますが、
    大学や大学院留学、さらにその前の入試勉強も現地に住んでやるとなれば、相当なお金と時間がかかりますからね。

    そのSonさんのように、裕福な家庭でかつお金は全て親御さん持ちであれば、cost意識が低くなりがちかもしれませんが…。
    本記事を読んで、もし将来自分の子どもが留学を希望した際には、
    きちんと目的や計画を考えさせてからにしようと思いました。特に費用を私(親)が負担する場合には。

    紗織

    January 5, 2011

  • 紗織さん、コメントありがとうございます。

    >returnを得られるかどうかを検討した方が良い

    そうですね。よくMBA留学をされている方のブログなんかには費用対効果について述べられていたりしますが、僕も留学というのは自分への投資であって、そこから何を得るのかをはっきりさせるのが良いと考えています。また、それらを明確に伝えるためにこのブログを書いています。英語によるハードスキル力、英語力、そして外の世界を見るという経験なんかは中々国内では養いづらい要素ですよね。

    >子どもが留学を希望した際には、きちんと目的や計画を考えさせてからにしようと思いました。

    今は留学に関する情報が何処からで手に入るので、後はそれらを使ってどのように計画を練るかだと思います。費用の面で言えば、最近は英語を共通語として使用しているアジア諸国への留学も人気があるそうですよ。恐らく将来はそうしたアジア諸国への留学、そしてオンライン大学受講という形がメジャーになっていくと予想しています。

    ra-mi

    January 5, 2011

  • RT @rami2929: 【新着ブログ記事/語学学校グレーゾーンを彷徨う元ルームメイトのSON】を公開しました。留学の少し暗い面を軽めに書きました。グレーゾーンを彷徨っている学生、意外と多いんですよ。http://bit.ly/ihIJTe

    土屋 健司

    January 5, 2011

  • 【新着ブログ記事/語学学校グレーゾーンを彷徨う元ルームメイトのSON】を公開しました。留学の少し暗い面を軽めに書きました。グレーゾーンを彷徨っている学生、意外と多いんですよ。http://bit.ly/ihIJTe

    ra-mi

    January 5, 2011

  • これから語学留学される方は絶対読んだ方が良い記事です→ 【語学学校グレーゾーンを彷徨う元ルームメイトのSON – rokA | アメリカ留学・就職体験記 http://ow.ly/3zgze】

    Toyo univ Irish Soc.

    January 6, 2011

  • RT @WeloveIrish: これから語学留学される方は絶対読んだ方が良い記事です→ 【語学学校グレーゾーンを彷徨う元ルームメイトのSON – rokA | アメリカ留学・就職体験記 http://ow.ly/3zgze】

    Takeyuki Watanabe (渡

    January 6, 2011

Leave a comment  

name*

email*

website

Submit comment

Additional comments powered byBackType